サイエンスホームの家づくり 8つの人気のヒミツ
優れた性能・品質を手に届く価格で実現しました

サイエンスホームの住まいは、日本の伝統的な工法「真壁づくり」です。

「真壁づくりの家×オール国産ひのき」の住まいは、柱や梁といった家の構造材が
現しになった日本の伝統工法です。木に囲まれている室内は
「見て」「触って」「感じる」ことができます。
真壁づくりの『温もり&リラックス空間』をぜひ体感して下さい。

人気のヒミツその1 木が呼吸するメーターモジュールの真壁造り

日本の風土にあう木の家「真壁づくり」とは?
住む人が癒される、懐かしいのに新しい住まいです。
詳しく見る

木の表面に触った時無塗装や薄い塗装の場合、人の感覚は触れた後すぐに沈静化。
金属や厚い塗装の場合、ストレスを感じ、その状態が続いた。
木目の1/fゆらぎがα波を増加しリラックスや癒しを促してくれます。
紫外線から目を守るためにサングラスをかけることがあります。木材は紫外線をよく吸収するため、木材を反射する光には、有害な紫外線は、ほとんど含まれません。
木は、音を吸収して人の耳に心地よく感じる範囲に調整してくれます。木を使った部屋は音がいつまでも響かず反射するので、木造の音楽ホールは音がまろやかだといわれています。
木の香りは、脳の活動と自律神経の活動を沈静化し、リラックスした状態をつくります。スギとヒバのチップの実験で明らかになりました。その香りは、植物由来の成分で「α-ピネン」と呼ばれています。
木材は、空気中の湿度が高いときは水分を吸収し、湿度が低いときには水分を放出するという調湿作用をもっています。
木が現しになった真壁づくりの室内は自然に調湿され、快適な空気環境になるのです。
木造校舎では、どの学年でも「眠気・だるさ・注意集中の困難さ」を訴える割合が鉄筋に比べて10%〜20%少ない結果がでました。保健室の利用もコンクリートや鉄筋に比べ少ないという結果も出ています。

人気のヒミツ サイエンスホームのこだわり